シニア婚活 60代でパートナーを探す時に知っておくべきこと

マリッジマネジメントセンター

078-862-1907

〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通4丁目2-8 田嶋ビル 4階 B号
マリッジマネジメントセンター

OPEN 11:00~19:00 CLOSE 火・水曜日

lv

シニア婚活 60代でパートナーを探す時に知っておくべきこと

新着情報

2021/03/23 シニア婚活 60代でパートナーを探す時に知っておくべきこと

 

今回は、シニア世代といえる60代の婚活事情についてお伝えいたします。

最近10年、著名人のシニア世代も結婚が増え、メディア・マスコミでも取り上げられて目に触れる機会が増えてきました。

その影響もあり、シニアの婚活も非常に活発になってきているようです。

 

 

 

 

60代は、仕事の第一線で活躍している人もまだまだ多くいますが、仕事や子育てに追われて来た人たちが、一段落ついて、時間や気持ちに若干の余裕が生まれた時に、

残りの人生を自分のために楽しく過ごしたいのでパートナーが欲しいと感じるようになっているようです。

 

 


今、なぜシニア婚活が求められているか


【芸能人のシニア婚の増加からみるシニア世代のこれから】

 

浅野ゆう子さんが57歳で結婚

石田純一さんがプロゴルファーの東尾理子さんと22歳差婚

岩崎宏美さんが、ミュージカル俳優さんと結婚

 

ラサール石井さんが、32歳差の女子大生ととなると少し現実離れした、さすが芸能人!という感じです。

 

人生100年の時代到来と言われますが、これから子育てをしていこうという方々もいらっしゃるシニア世代です。

 

そもそも人生100年時代とは、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の著者であるリンダ・グラットン教授が提言しました。

人生100年時代とは、「寿命が(100歳前後まで)今後伸びていくにあたって、国・組織・個人がライフコースの見直しを迫られている」という内容を表す言葉として登場しています。

 

今までは

①24歳前後までのステージ → 教育を受ける期間
②25歳から60歳までのステージ →  仕事をする期間
③60歳以降のステージ → 定年(引退して余生を過ごす期間)

 

このような人生(キャリア形成)で進んでいました。

 

しかし、高齢化社会になり、③の部分が大きく変容し、それに準じて今後②の部分にまで影響があるであろうと言われています。

 

今の30代40代が転職してキャリアアップするように

20代が転職を見据えた就活をしているように

 

です。

 

そして、中心にいる60代シニア世代も余生を送る期間にがならないということです。

 

【パートナーという存在の必要性を感じる世代】

 

今の日本は、2017年の総務局統計局発表の人口推計によると、60~69歳が1832万人と他の年代よりも人口の多い年代です。

 

2019年6月に内閣府から発表された「少子化社会対策白書」によると生涯未婚率は男性約23.4%・女性14.1%です。

「50歳時の未婚割合」で、 ざっくり男性の4〜5人に1人、女性の6〜7人に1人が未婚となっています。

 

(未婚率とは、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。)

この数字は今後増えていると考えられます。

 

日本の未婚率の高さが、シニア婚の活発化の予感を匂わせます。

シニア婚活 出会い


シニア世代が求めるパートナー像の理想と現実


【男性の理想】

「料理を作ってくれる人」「健康を管理してくれる人」「介護をしてくれる人」という希望が多いようです。

男性の場合は、家事をしてほしいというのがお相手を探す動機付けになっている場合も多いようです。

 

 

【女性の理想】

「経済的に安定している人」「精神的に支えてくれる人」を求める傾向があります。

女性の場合、この世代は専業主婦やパート・アルバイトという仕事経験が多いので、子供が独立していても経済的に安定している方を希望される方が多いです。

 

現実的にみると、

男性は、ご覧のように家事の面を強く求める方もいます。介護まで求める方もいますが、女性はそれを全面に出されてしまうと、家政婦のような扱いをされると拒絶の気持ちがおきますので、このあたりは要注意です。

お相手に求めているものが、先方と差があるとお付き合いはうまくいっても、結婚となるとうまくいかないので、どのようなものを求めているかは、どのような目的で婚活をしていくのかは明確にしておいた方がよいでしょう。

 


シニア婚活の出会いの場、お相手をみつける方法


【婚活パーティー】

 

年齢を絞ったシルバー世代のパーティーは人気です。

色んな進行のパーティーがあります。パーテーションで仕切られた個室形式で1対1の会話パーティーやフリータイム中心パーティーなどがあります。お食事やアルコールなどを楽しみながら、多くの参加者の中から接点を持てるでしょう。

気軽に参加できるようになっているパーティーですが、身元の確認が運転免許のみで年齢以外は自己申告になります。そのため、万が一トラブルになっても自己責任になりますのでその点は注意しなければいけません。

 

【結婚相談所の婚活パーティー】

 

マッチングして、交際にはいれば登録が必要なパーティーが結婚相談所のパーティーです。

1:1の会話を楽しんだり、フリータイムで気になる方とお話したり、軽食でいろんなお話ができます。

交際をするお相手がみつかれば、登録が必要ですがサポートがつきますので、シニア婚をイメージしやすいのがメリットです

 

【婚活アプリなどネット婚活】

 

他の婚活方法より安価なのが特徴です。アプリ使って自分で登録をして検索をして、ダイレクトにお相手にアプローチをしていく形が多いようです。

一人で出来るのが良いところです。運営会社も安心・安全の取り組みをしているようです。

 

【結婚相談所のお見合い】

 

結婚相談所に登録している会員数は今は多く、自分にあったお相手の条件を入力し検索してお相手を探しいただき、お見合いを申込み、お相手が承諾をすればお見合いが決定します。日程調整などは、間に入っている結婚相談所が調整してくれます。

お見合い時間は1時間なのでゆったりとお話をすることができます。お見合い前にプロフィールやお写真を見ているので交際に繋がるケースが多いのが特徴です。そして皆さん結婚相談所に登録している方は真剣で結婚を意識されている意識高い系の方ばかりです。

時間をムダにすることなく、ピンポイントで婚活ができます。

1回のお見合いでパートナーと出会い、結婚へと結びつくかたもいます。

 

【趣味などを通じた出会い】

 

中高年の交流会、サークル、カルチャースクールなどに参加し、趣味を通じて出会い交際に発展していくケースもあります。共通のものがあるということで会話も弾み、親近感も湧きお互いに接近できる場かもしれません。しかし、本来の目的は男女が出逢う場ではないサークルもたくさんあります。独身であるか既婚者であるかの確認などがなかなかしづらく、そのような思いになった時にお相手の方に対して嫌な思いをさせてしまう可能性もあります。婚活をうたっているサークルは良いと思いますが婚活を目的に入会するのは意味が違ってきます。

 

 

 

【シニア婚で成功する為の大事なこと】

結婚相手を探すということで、一番大事なことは思いやりです。

婚活をはじめられて交際が成立しても自分中心で、お相手に対する思いやりがなければ交際は長続きしません。

交際をしていく中で意見の食い違いが増えてくるのは当たり前のことです。今までの生き方が全く違う二人なのですから。

それを十分に理解して、婚活に臨むことが必要です。

 

シニア世代の婚活は、

良いお相手に出逢えるように最終的な目的をしっかりと持ち、お相手に伝えお互いに気持ちのいい交際ができるように努力することが成功するポイントです。

 

マリッジマネジメントセンターでは、婚活コミュニティーを2021年3月よりスタートいたしました。

→ 生き方マッチングを検索の軸とした婚活コミュニティー

まずは、無料のメールマガ登録で、どんなものかを体感してくださいね!!

フラトラ通信 ~素敵な生き方と婚活成功のヒント~
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

結婚相談所 マリッジマネジメントセンターは、シニアの方の婚活も応援しています。

無料相談会はこちらから

資料請求はこちらから

 

シニア婚活を応援するフラトラへは、下記のLINE登録でメッセージをお願いいたします。

 

お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

https://lin.ee/UW3bWBe

マリッジマネジメントセンター

078-862-1907
兵庫県神戸市中央区磯辺通4丁目2-8 田嶋ビル 4階 B号
自念真千子

TOP