婚活男性が「年の差婚」を目指す時に注意すべき、女心の変わりっぷり

マリッジマネジメントセンター

078-223-8803

〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町104番地 江戸町104ビルビレッジ502号

OPEN 11:00~19:00 CLOSE 火・水曜日

lv

婚活男性が「年の差婚」を目指す時に注意すべき、女心の変わりっぷり

新着情報

2022/01/31 婚活男性が「年の差婚」を目指す時に注意すべき、女心の変わりっぷり

神戸で婚活をサポートしているじねんです。

仲人をして22年目となります。

 

結婚相談所をして長いですから、本当にいろいろな人がご縁を求めてやってきます。

 

 

気をつけたい40代後半男性の「子供がほしい」

子供がほしいといって結婚相談所に駆け込んでくる40代後半~50代前半の男性は、

いつの時代にもそれなりの割合でいらっしゃいます。

 

いつも私は感じるのは、

「どーしてもっと、早くに「結婚しよう」って考えなかったのか・・・・(^^;)

 

まあ、あとの祭りですから、敢えてそんなことは面談で伺いませんが。

真剣交際 1:1交際へ

結婚相談所での婚活のメリットは、女性の年齢がわかってアプローチができるところです。

といえど、

この年代で子供がほしいと20代~30代前半の女性へのアプローチは、

かなり頑張る必要があるわけです。

 

「彼女のプロフィールカードに経済的な安定が第一とあったので、

自分にぴったりだと思い、出会って交際に入った途端、もうその気になっていました」

 

そんな風にいって肩を落とした男性を何人もみてきました。

 

経済力を武器に婚活を乗り切ろうと考えた時に、

一回り以上離れた異性に対して、その武器がどこまで通用するかは本当にわかりません。

 

美味しいレストランを予約して

「口下手なので、ここは経済力でアピールと思い、そこそこ高めの食事で時間を一緒に過ごすことで

結婚後も経済的な心配がないことをアピールしたつもりでした」

 

 

この気持ちも凄くわかります。

しかし、この場合の結果は、

お相手彼女から、

「同年代とのデートはときめきがあり、自然でいられるとかで、専業主婦はかなわなくともいい」

というお断り理由で、

交際が終了しました。彼にとっては、青天の霹靂でした・・・・・

 

この交際のどこに無理があったか

 

結婚への夢と現実は別物。

 

子供のことが諦められすに、交際が続かない出会いを何度かしましたが、上手くいきません。

 

年の差婚の難しさを思い知らされたAさん、婚活の方針を見直すことになったのは、

その手痛い交際終了から2.3ヶ月後でした。
子供は、天からの授かり物。

「40代前半までと年齢幅を広げ、再婚も可と条件を見直しが男性は、

それから程なく、40代の素敵な女性と出会い結婚されました。

 

結婚してお葉書が届き、その次の年の年賀状には、

子供が生まれました!と親子3人のお写真が添えられていました。

 

 

結婚は現実です。

理想も大事ですが、現実的な理想に落とし込んでお相手探しをしてくださね、

 

 

マリッジマネジメントセンター

078-223-8803
兵庫県神戸市中央区江戸町104番地 江戸町104ビルビレッジKOBE502号
自念真千子

 

40代~59才までの婚活パーティーを開催しています(現在は諸般の事情で延期中)

 

LINEで日程などお知らせしていますので、よければ、ご登録ください。
友だち追加

TOP